鶴岡建設>会社案内>沿革
ホーム > 会社案内 > 沿革


沿 革

昭和19年 5月 
 
 鶴岡土建工業株式会社を設立し事業を開始
 (本社 鶴岡市鳥居町丁71番地)
 代表取締役 丸藤甚五郎氏 資本金 125,000円
昭和23年 7月 
 資本金 375,000円に増資
昭和24年 4月 
 資本金 750,000円に増資
8月 
 建設業法に基づく山形県知事建設業登録を受ける
12月 
 資本金1,500,000円に増資
昭和27年 4月 
 資本金3,500,000円に増資
9月 
 代表取締役に本間順吉氏が就任
昭和29年 6月 
 資本金4,500,000円に増資
昭和32年 2月 
 商号変更 社名を鶴岡建設株式会社に変更
4月 
 舗装工事部門新設
昭和38年 5月 
 資本金 7,500,000円に増資
昭和39年10月 
 創立20周年記念式典を挙行 場所:新苞亭
昭和40年 6月 
 本社移転(鶴岡市大字新形字村東4番地の5)
昭和43年 3月 
 代表取締役に丸藤甚五郎氏が就任
昭和44年 5月 
 代表取締役に冨樫良吉氏が就任
昭和45年 3月 
 資本金10,000,000円に増資
昭和48年10月 
 建設業法の改正に基づく特定建設業の許可を受ける
昭和60年 5月 
 本社移転(鶴岡市泉町5番41号)
昭和62年 4月 
 代表取締役に鈴木肇氏が就任
昭和63年 3月 
 損害保険代理店を開業
9月 
 山形県知事登録による宅地建物取引業の免許を受ける
平成元年11月 
 資本金25,000,000円に増資
平成 2年 2月 
 資本金30,000,000円に増資
平成 3年 4月 
 私募債1億円を初めて発行
平成 5年 4月 
 第2回私募債1億円を発行
10月 
 資本金40,000,000円に増資
10月 
 白山資材センター完成(鶴岡市大字白山字西木村12番2-4)
平成 6年 3月 
 資本金50,000,000円に増資
3月 
 財団法人真知育英会設立
 創立50周年記念式典並び財団法人真知社育英会設立
 記念式典を挙行 場所 グランド・エル・サン
5月 
平成 7年12月 
 屋外文字放送「コミネット鶴岡」開局(鶴岡駅前交差点)
平成 8年 9月 
 賃貸マンション「グランデ新形」完成(鶴岡市新形町2-13)
平成 9年 8月 
 住宅事業部 発足
11月 
 第3回私募債2億円を発行
12月 
 山形テナントビル完成(山形市あこや町三丁目12-26)
平成10年 1月 
 山形営業所開設(山形市あこや町三丁目12-26)
平成11年 2月 
 代表取締役に本間敏英氏が就任
平成12年 5月 
 第4回私募債2億円を発行
11月* 
 ISO9001認証取得
平成13年10月 
 アスファルトプラント改修完了
平成15年11月 
 本社改築(鶴岡市泉町5番41号)
平成17年 5月* 
 第64期より事業年度変更(6/1より翌年5/31まで)
平成18年 1月 
 ISO14001認証取得
平成18年 4月 
 共同企業体「鶴岡アスコン」設立
平成19年 3月* 
 賃貸マンション「グランデ日本国」完成
 (鶴岡市大宝寺字日本国362-1)
平成21年 4月 
 第1回無担保社債1億5千万円を発行 
平成25年 7月 
 代表取締役に五十嵐久廣氏が就任
平成26年 5月 
 創立70周年記念式典を挙行 場所 グランド・エル・サン
Page Topへ


All rights reserved,Copyright(c) 1997-2017 TSURUOKA CONSTRUCTION